Regarding COMME des GARÇONS Recent Displays

 

CDG SS18 begins.. Aoyama Tokyo installation.

Comme des Garcons OFFICIALさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿 -

CDG18 just arrived. Aoyama Tokyo. Rest of Japan January 8th. Rest of World from January 13th

Comme des Garcons OFFICIALさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿 -

 

I have recently learned, through articles in the fashion press and personal messages from my fans on social media, that a display which overtly resembles my artistic style was installed at the Aoyama store of COMME des GARÇONS in early January. I received many messages asking me if this display was my own or even went as far as to congratulate me on the collaboration. (Just to make clear, the display is not, in any way, a collaboration). 

 

First, let me say that it was a surprise that a high fashion brand like COMME des GARÇONS 

(hereafter CdG) would incorporate “TOKYO” and Kawaii”, the emblems of Japanese pop culture, and color, in such a display. This, in and of itself, is cause for joy. However, as someone who has been on the frontlines of that culture for over 20 years and made it the focus of my artistic practice, I feel it is necessary to comment, at this time, in order for me to continue.

 

CdG’s display is connected with its CdG2018SS collection and consists of countless colorful materials, such as toys and figurines, attached to a mannequin. I understand that the display has been installed at locations in CdG’s Aoyama, New York, and London stores.

 

The practice of collating disparate materials to form an artistic work has existed for generations. However, originality is born from the artistic and cultural context for the collage that each artist pours their heart into. Let us be clear: it is because the new CdG display expresses “TOKYO” and the post-war culture of “Kawaii” in the form of a figurative sculpture, the fact that it uses mainly toys and accessories as material, and the fact that its color composition is formed by blending these voluminous colorful materials into a single whole, that has created confusion about whether it is my own work.

 

My oeuvre expresses the concept of “Kawaii” through the use of multiple colors. In addition, rather than using traditional materials such as paint, I travel through different global cultures, using my own senses to gather materials. In other words, it is Harajuku, and my expression of the mix of cultures from around the world that is TOKYO, that forms a major context for my work. 

 

With that said, if I were pressed to define what Kawaii culture is, I would say that it begins with the idea that what we like is what we like. In order to communicate this core message, I opened 6%DOKIDOKI in 1995. Since 2009, I have leapt beyond Harajuku and toured the world with my “Harajuku Kawaii Experience.” These days, Kawaii culture has spread around the world and because I am recognized as one of the founders of that culture, I was selected in 2017 by the Japanese government to serve as a Japan Cultural Envoy. In that context, I have engaged in cultural exchange with people from around the world, and spread the message at the heart of Kawaii, the idea of creating your own mini-universe.

 

In terms of my artwork, one of my more prominent pieces is the “Color Rebellion” series (2010: photographic works, 2013: semi-sculptural works), which was made using the methods described above. I have exhibited my works in New York, Florida, Anchorage, Milan, Amsterdam, and other locations around the world. I believe that anyone who has researched Kawaii culture has likely come across my artwork at some point.

 

Regarding the CdG display, I received several messages from people of multiple countries who are familiar with my artwork. My initial reaction after viewing the photos was, “if they had wanted to do something like that, I would have loved to have collaborated with them!” This reaction stems from my pride for being the original artist to explore the themes of “Tokyo”, “Harajuku”, and “Kawaii” in this manner, and because I would like to believe that I have been a part of the community that has cultivated Kawaii culture itself. 

 

In the latter part of the 1980’s, and throughout the 1990’s, when monochrome was the leading trend in high fashion, my reality was in the colorful, and I used that as a weapon to develop my own oppositional individuality. I had no experience and it was rough going, but it moves me greatly to know that 20 years later, there are now people around the world who value this colorful culture. (After all, I was ridiculed by adults when I was in my 20’s and yet, the reality I had been hoping for has finally arrived!)

 

As an artist, I place a high importance on “dialogue”. 

 

For that reason, if I am asked by the media for my thoughts and feelings on this subject, it is my intention to reply.

 

More than anything else, I would be truly happy to have an opportunity to dialogue with everyone at COMME des GARÇONS as well.

 

It is my hope that these events can be a catalyst for true “dialogue” between the worlds of fashion and art, leading in turn to a greater evolution for both. For me personally, this experience, along with the many opinions and reactions of my fans, has deeply impressed upon me the need to further strengthen my artwork and their underlying context. 

 

Let me close by expressing gratitude to my fans and supporters around the world who continue, without end, to love the artworks of Sebastian Masuda. 

 

January 18, 2018

Sebastian Masuda

 

- | - | -
entry_bottom
コム・デ・ギャルソンでディスプレイされている作品について

 

CDG SS18 begins.. Aoyama Tokyo installation.

Comme des Garcons OFFICIALさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿 -

CDG18 just arrived. Aoyama Tokyo. Rest of Japan January 8th. Rest of World from January 13th

Comme des Garcons OFFICIALさん(@commedesgarcons)がシェアした投稿 -

 

2018年が明けてすぐの1月初旬、自分の作風と一見似ている作品がコム・デ・ギャルソンの青山店にディスプレイされていると、ファッションメディアの投稿やファンからのSNSのコメントで知りました。加えて、「これはあなたの作品?」「コム・デ・ギャルソンとのコラボレーションおめでとう」といったメッセージを受けました。(展示されているディスプレイはコラボレーション作品ではありません。)

 

「TOKYO」「Kawaii」という日本のポップカルチャーのイメージを、コム・デ・ギャルソン(以下CdG)というハイブランドがこのようなカラフルなヴィジュアルで採用したことに驚きましたが、それ自体は、喜ばしいことだと思います。ただ、僕は20年以上このカルチャーの現場で、このカルチャーを軸にアーティストとして活動しており、これからも続けていく中で、この件についてはコメントする必要があると思います。

 

類似を指摘されたディスプレイは、CdG2018SSのコレクションを基にしたインスタレーションで、オモチャやキャラクターなどのカラフルなマテリアルを無数に人型のマネキンに貼り付けています。 把握している限り、青山、ニューヨーク、ロンドンの店舗に登場しているようです。

 

様々なマテリアルを貼り付けるという手法自体は、古くより使われてきたものです。しかし、アーティストはそれぞれ何をどういう美術的・文化的なコンテクストに乗せてコラージュするか?ということに心血を注ぎオリジナリティを作ります。今回展示されているCdGでのディスプレイが、「TOKYO」、そして、戦後に進化していった「Kawaii」カルチャーを意識した「人型」の立体物であること、そして使用されている素材が、主にオモチャやアクセサリーなどであること、そのカラフルなものを大量の物量により色彩構成されていることにより、自分の作品だと誤解してしまう人がいることは確かでしょう。

 

僕の作品群は、どれも「Kawaii」というテーマを、多数の「色」を通じて表現しています。また、絵の具で絵を描くのではなく、世界中の違う文化圏を旅し、自分の感覚で集めてきたマテリアルを集積させることにより、それが、つまり「原宿」であり、世界中の文化をミックスする「TOKYO」そのものを表現している…というのが、僕の作品の大きなコンテクストになっているのです。

 

では、このKawaiiカルチャーとは何かと問われれば、「好きなものは好き!」という自分以外の第三者や世界に向けた主張なのではないでしょうか。その根源的なメッセージを伝える為に、僕は1995年原宿に6%DOKIDOKIを開店させました。2009年以降は、原宿を飛び出し、世界で”Harajuku Kawaii Experience“というツアーをはじめました。今や、Kawaiiカルチャーは世界に広まり、その文化を確立した1人として認められ、2017年度は文化庁文化交流使として世界中を旅し、このコンテクストを通じて、文化圏の違う人々とコミュニケーションしながら、”Kawaii”の本質である「自分だけの小宇宙をつくること」というのを伝えているのです。

 

アート作品においては、僕の代表的な作品シリーズ「Colorful Rebellion」(2010-写真作品、2013-半立体作品)で、先の手法で作品を制作しています。僕は、ニューヨーク、フロリダ、アンカレッジ、ミラノ、アムステルダムなど世界各国で作品を発表しているので、Kawaiiカルチャーを調べたことがある人なら、僕のアートワークに一度は出会ったことがあるのではないかと思います。

 

当CdGディスプレイの類似案件について、僕のアート作品を見た事のある各国の人々からコメントやメッセージが届きました。最初にディスプレイの写真を見ての所感は、「せっかくなら、コラボレーションさせてほしかったのに!」ということでした。なぜなら、「TOKYO」 「Harajuku」「Kawaii」をテーマにこの手法を続けてきたオリジナルとしての誇りがありますし、この文化自体、”Kawaii”に賛同してくれるコミュニティと一緒に育てて来たという自負があるからです。

 

1980年代後半から90年代にかけて、モードの世界で「モノクロ」が流行する中、僕は自分のリアリティであった「カラフル」を武器に真逆の個性を主張していました。経験もなくジタバタしながらも20年以上続けて来た結果、今や、このカラフルなカルチャーを大切に思ってくれる人々が世界中に存在しているという事実は、とても感慨深いことです。(だって、あの時、散々大人から馬鹿にされていた20代の自分が望んでいた未来がついにやって来たのですから!)

 

僕はアーティストとして、“対話”を大事にしています。

 

今回思ったこと・感じたことは、メディアなどで聞かれれば答えていこうと思っています。

そして、何よりもコム・デ・ギャルソンの皆さんともお話出来たら一番嬉しいです。

 

今回の出来事は、ファッション業界とアート業界が、より良い進化を遂げる為の”対話”の起点になればと考えています。また、僕個人としては、色々な意見をくれたファンの意見や行動も含めて、自分の作品やコンセプトをさらに強固なものにしていかなくてはいけないと、深く刻まれた一件になりました。

 

変わらずずっと増田セバスチャンの作品を好きでいてくれる世界中のファンやサポートしてくれている皆さんに感謝を込めて。

 

2018年1月18日

増田セバスチャン

 

- | - | -
entry_bottom
【STAFFより】増田セバスチャンの2017年活動総まとめ

Sebastian's STAFFです。

今年もやります!
2017年増田セバスチャンの仕事総まとめ!

 

 

昨年2017年の増田セバスチャンは、ポップカルチャーの担い手としては初の文化庁文化交流使に指名されたことで、オランダで生活をしながらの作品制作や、アフリカ大陸での講演・ワークショップなど、今までにない活動の機会に恵まれました。

 

国内ではファッションで新たな動きを作りつつ、個展や芸術祭などアート作品を発表することも増え、アーティストとしてポップ・ステップ・ジャンプの「ステップ」の年だったように感じます。

 

2018年、増田セバスチャンは戌年年男!
海外生活でパワーアップして帰って来てまさしく「ジャンプ」の年になります。
今年もどうぞよろしくお願い致します!

Lovelies Lab. Studio / Sebastian Masuda
続きを読む >>
今年のまとめ | - | -
entry_bottom
8/2(水) 個展会場でのギャラリートーク開催決定

8/2(水)銀座ポーラミュージアムアネックスで開催中の
個展「Point-Rhythm World -モネの小宇宙-」にて、
閉場後に本人によるギャラリートーク開催決定しました。
ゆっくり本人から作品解説と、
質疑応答の時間等も作ろうかなと思っています。
ご応募はコチラから:
ART/展覧会 | - | -
entry_bottom
石巻・牡鹿半島エリアで開催するアート・音楽・食の芸術祭「Reborn-Art Festival」


7/22(土)-9/10(日)

石巻・牡鹿半島エリアで開催される

アート・音楽・食の芸術祭「Reborn-Art Festival」に参加します。

 

増田セバスチャンは牡鹿半島で東北ツリーハウス観光協会との

共作でツリーハウス作品「あっちとこっち #東北」と、
市街地で「New Generation Plant #2 -Mushroom-」を展示しています。
ぜひお越し下さい。

『Reborn-Art Festival 2017』
2017年7月22日(土)〜9月10日(日)
会場:宮城県 石巻(牡鹿半島、市内中心部)、松島湾(塩竈、東松島、松島町)、女川町
参加作家:
ハスラー・アキラ ブルース・ナウマン カールステン・ニコライ
Chim↑Pom contact Gonzo デイヴィッド・ハモンズ ギャレス・ムーア
齋藤陽道 さわひらき インサイドアウト・プロジェクト クー・ジュンガ 

ヨーゼフ・ボイス JR 有馬かおる 名和晃平 マーク・クイン 岩井優
目 ナム・ジュン・パイク パルコキノシタ ルドルフ・シュタイナー

青木陵子+伊藤存 増田セバスチャン 島袋道浩 SIDECORE
八木隆行 宮島達男 金氏徹平 鈴木康広 Yotta ファブリス・イベール
カオス*ラウンジ バリー・マッギー 宮永愛子 
http://www.reborn-art-fes.jp/
http://www.cinra.net/news/20170322-rebornartfes

ART/展覧会 | - | -
entry_bottom
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728   
<< February 2018 >>
recent_entry
archives
RECENT COMMENT
  • ★あけましておめでとうございます&増田セバスチャン2012年活動総まとめ! by STAFF
    まさひろ (01/09)
  • 2/6(月)午前11:00-30、坂本美雨さんのラジオ:TOKYO FM「ディア・フレンズ 」に増田セバスチャン出演
    NOKO (02/06)
  • ★いまさらですが…2012年!
    まさ (02/04)
  • ★きゃりーぱみゅぱみゅ「つけまつける」PVの美術装飾を担当しました!
    k (12/28)
  • ★ルネ・ブティック
    Michael Black (12/10)
  • ★ルネ・ブティック
    Ayano* (11/23)
  • MIGHTY HARAJUKU column「Visiting the victimized areas #2」 #m_harajuku
    laura (06/25)
  • MIGHTY HARAJUKU column「Visiting the victimized areas #3」 #m_harajuku
    rayko (06/14)
  • 【English】MIGHTY HARAJUKU PROJECT!!
    Lee Jay (05/16)
  • 【必見】世界中から原宿へ、日本へ!!MIGHTY HARAJUKUメッセージSNAP続々! #m_harajuku
    Sebastian's assistant staff (05/08)
RECENT TRACKBACK
RECOMMEND
LINK
PROFILE
MOBILE
qrcode
information
増田セバスチャンオフィシャルサイト/仕事依頼もこちらから →http://m-sebas.com/
 ・著書「家系図カッター」文庫本発売中 
http://www.amazon.co.jp/dp/4041032369
・ほぼ日刊イトイ新聞 ×糸井重里氏対談「なんとかするちから。」http://www.1101.com/sebastian/
・CINRA NET「増田セバスチャンが「カワイイ」で取り戻す、大人が忘却したもの」http://www.cinra.net/interview/201411-masudasebastian
・平成29年度文化庁文化交流使に指名頂きました。
・京都造形芸術大学客員教授/横浜美術大学客員教授
search