information

増田セバスチャンオフィシャルサイト/仕事依頼もこちらから →http://m-sebas.com/
 ・著書「家系図カッター」文庫本発売中 
http://www.amazon.co.jp/dp/4041032369
・ほぼ日刊イトイ新聞 ×糸井重里氏対談「なんとかするちから。」http://www.1101.com/sebastian/
・CINRA NET「増田セバスチャンが「カワイイ」で取り戻す、大人が忘却したもの」http://www.cinra.net/interview/201411-masudasebastian
・平成29年度文化庁文化交流使に指名頂きました。
・京都造形芸術大学客員教授/横浜美術大学客員教授

【STAFFより】あけましておめでとうございます&増田セバスチャンの旧年(2014年)活動総まとめ

  • 2015.01.02 Friday
  • 21:43
 あけましておめでとうございます!!
Sebastian's STAFFです。

あけましておめでとうございます!
 今年もまだまだぶっ飛ばしていきます。
 さらなるチャレンジに乞うご期待!
 道なき道は続くよどこまでも。
 終わりなき道は終わりまで真っ直ぐ続いているのです!」


 2015年 元旦 
増田セバスチャン



そして、今年もやります!
旧年(2014年)の増田セバスチャンの仕事総まとめ!!!

NYでの初個展開催、初の映画監督、新アートプロジェクトスタートまで!
とにかく初めてづくしのチャレンジイヤーだった昨年。
さすがにメディア露出は多すぎて漏れているかもしれませんが…
駆け抜けた1年分、どどーんとご覧あれ!


セバスチャン近影:原宿案内所の世界時計前で。



【1月】

★日本テレビ「PON!」美術セットを2014年verに!


http://www.ntv.co.jp/pon/


★きゃりーぱみゅぱみゅ横浜アリーナ公演

 「きゃりーぱみゅぱみゅのマジカルワンダーキャッスル」演出・美術



デビュー時から演出・美術を担当しているきゃりーちゃんライブの初アリーナ公演。
ライブでしか見られないこの大規模な世界観!!
きゃりーぱみゅぱみゅ×セバスチャンのタッグ、ぜひご覧下さい。

*DVD、ブルーレイ発売中
http://www.amazon.co.jp/dp/B00K7Z5L5M
http://www.amazon.co.jp/dp/B00K7Z9G8U


★JR名古屋タカシマヤが誇る日本一のバレンタインフェア
 「アムール・デュ・ ショコラ〜ショコラ大好き!〜」の
 装飾・CM・ポスターの美術監修(1月22日〜2月14日)




女の子がまたがるメリーゴーランドの馬3体を製作。
たくさんのチョコレートやリボンなど、胸キュンなモチーフがたくさん。
期間中は1Fメインステージにてこの馬を含めた増田セバスチャン監修による
スペシャルディスプレイも登場。

★1/21(火)深夜24:20〜
 メ〜テレ(名古屋テレビ)「ザキロバ!アシュラのススメ」出演


★1/21(火)発売「SPA!」ロングインタビューページ
 "エッジな人々"に登場


★「Zipper」3月号<kawaiiカルチャー通信>での
 増田セバスチャン連載「原宿大学 kawaii学科 セバスゼミ」最終回


★アート情報発信サイト「Tokyo Art Navi」インタビュー掲載
https://tokyoartnavi.jp/event_report/index012.php




【2月】

★繊研新聞の海外版「THE SENKEN vol.19」
 個展についてのニュース&インタビュー掲載

 
"An Evangelist for Harajuku's Kawaii Culture Descends upon New York"


★きゃりーぱみゅぱみゅワールドツアー
「KPP NANDA COLLECTION WORLD TOUR 2014」
演出・美術




★2/17(月)NHK BSプレミアム『堂本剛のココロ見「個性」』出演
http://www4.nhk.or.jp/P2727/

★カナダ・トロント情報誌「bits」表紙&インタビュー掲載

展覧会に関するインタビュー。webでもチェック可能。
http://www.bitslounge.com/bits_pdf

★美術手帖
3/14増田セバスチャン×佐々木俊尚トークショーについて情報掲載
http://artdesignjobs.bijutsu.co.jp/newsevent/detail/db5dkz2ucjrt

★KAMINOGEにインタビュー掲載
プロレスカルチャー雑誌にまさかのインタビュー掲載。
「仰天(!?)の初告白!
 原宿・kawaiiカルチャーのカリスマにはかつての週プロイズムが流れていた!!」

https://www.facebook.com/KAMINOGE.Official



【3月】

★2014年前半 最大のNEWS!
  アメリカ・ニューヨークで
の増田セバスチャン初個展
「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」(
2/27-3/29)

会場はアートコンプレックスビルの3Fの一室という不便な場所にも関わらず、
オープニングレセプションにはマイナス10℃の気温のなか1000人以上が行列を作り、
開始3日でNEWYORK ART BEATの人気ランキングにランクインしました。
この個展の成功をキッカケに、日本のアートディレクター業と並行して
海外のアート活動も加速して行きます…!





個展のタイトルである「Colorful Rebellion」とは「色彩の反抗」という意味。
今まで、原宿の街の風景画・街に集まる女の子の心象風景を表す作品として
製作してきた増田セバスチャン作品の代表的シリーズ。
自画像をテーマに製作した今回の展示作品は 「増田セバスチャンの7つの大罪」が
モチーフとなっており、部屋に一歩足を踏み入れると一気に色彩が溢れ出すように
目に飛び込んで来て、壁や天井に飾られ た作品を中央の真っ白なベッドに寝転んで
鑑賞することができます。

詳しくは各レポート記事をご覧下さい。
*展覧会初日フォトレポート!…http://sebastianz.jugem.jp/?eid=721
*展覧会パフォーマンスレビュー!… http://sebastianz.jugem.jp/?eid=723
*海外レビュー掲載記事まとめ… http://sebastianz.jugem.jp/?eid=724
*展覧会開催概要… http://sebastianz.jugem.jp/?eid=712


「ガジェット通信」さんによる帰国直後のロングインタビューも必見です!
【増田セバスチャンロングインタビュー】
(1) 「ニューヨークでの個展はカケでした」http://getnews.jp/archives/570138
(2)「僕は草の根の力を信じている」http://getnews.jp/archives/570453
(3)「時代を動かすものを、アートの力を使って発信する」http://snn.getnews.jp/archives/309825



★アメリカ東部・中部での講演会
 ・フロリダ州「Young At Art Museum」
 ・
テネシー州「テネシー州立大学」
 ・
テネシー州「中部テネシー州立大学」



毎年数回海外で行っている原宿の歴史、kawaii文化についての講演会。
NY個展に合わせて今迄行った事が無い州にも足を伸ばしました。
どの州に行ってもファンがいてくれるのが嬉しいです!(*写真は中部テネシー大学)



【4月】

★日テレ「PON!」のトークセットをリニューアル!!




ついにメインセットの反対側もリニューアル!
パリのアパルトマンをイメージしたパステルカラーのセットになりました!
棚にはカワイイ雑貨をたくさん並べています。ぜひ注目してご覧下さいね◎

藤子・F・不二雄先生公式ファンブック「Fライフ」にコメント掲載


★“蔡國強×増田セバスチャン”inいわき!
 4/12(土)「蔡國強といわき交流20周年記念行事」で
 増田セバスチャンディレクションのワークショップ&ステージ開催



いわきと20年交流を続ける世界的な現代美術家・蔡國強さんのイベントに、
増田セバスチャンが参加し、地元の子供達とワークショップや
ライブステージなどを行いました!
蔡さんとセバスチャンは2013年末に京都で開催された文化庁主催
「東アジア共生会議」で出逢い、2014年2月にNYで再会、
個展のレセプションにも来ていただき、交流を重ねて行く中で
このようなスペシャルな機会が生まれたのでした。

密着フォトレポートは「ガジェット通信」「オタ女」に掲載中!
http://otajo.jp/38885


TBSラジオ「由紀さおり 笑顔のなかで」出演

なんとこの共演をきっかけに、この数ヶ月後映画「くるみ割り人形」
のボイスキャストにお誘いする事に…!

★「イラストノート No.30」に
 インタビュー&作品写真8ページ掲載!


★映画「ホドロフスキーのDUNE」リコメンドコメント



miniH.U.G.などでも紹介していた映画「ホーリーマウンテン」
「エルトポ」をつくった
巨匠・ホドロフスキー監督の幻の作品の
リコメンドコメントを書かせていただきました!

「ホドロフスキーのDUNE」http://www.uplink.co.jp/dune/



【5月】

★5/2(金)NHK-FMラジオ「ヒャダインのガルポプ!」ゲスト出演
 
パーソナリティのヒャダインさんと。日テレ「PON!」でもご一緒!


5/9(金)『ジャパン・アヴァンギャルド-アングラ演劇ポスター展』
 宇野亜喜良×増田セバスチャントークショー





チケットは発売後即完売!というレアイベントとなった
レジェンドとのトークショー!増田セバスチャンが一番影響を受けた
寺山修司氏の劇団「天井桟敷」のポスターに囲まれながら当時のことを
質問したり、お互いのアートワークについて話したり…とっても濃密な時間でした!



★OKINAWA KAWAII!!キャラクター「シーモコピー」デザイン


↓こんな感じでキャラクター化されているようです。沖縄で見つけたらぜひチェック!



★PLANETSメルマガ"
ほぼ日刊惑星開発委員会 vol.074"
「コスプレする都市」と震災以降の原宿ー
アートディレクター・増田セバスチャン インタビュー
http://ch.nicovideo.jp/wakusei2nd/blomaga/ar532757



【6月】

BS日テレ「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」出演

増田セバスチャンの"発想の種"に迫る!ということで、
脳科学者・茂木健一郎さん、アーティスト・清川あさみさんと一緒に
トークしています。YouTubeでも公開中!ぜひご覧下さい。





「TOKYO DESIGNERS WEEK.tv」


★【映画『ホドロフスキーのDUNE』上映&トーク】
 ザ・グレート・サスケ×増田セバスチャンのトークショー開催

"失敗もひとつの選択だ!
覆面レスラーと原宿kawaiiがホドロフスキーより授かりしもの"



まさかの異種格闘技戦!と思いきや、
「KAMINOGE」でも語った通り元々プロレス好きのセバスさんと
サスケさんのサブカルチャーにも精通するサスケさんとの
自身の若い頃の体験談を交えたトークはかなりスイング!
ディープで楽しいトークでした◎





メ〜テレ「きゃりーぱみゅぱみゅテレビJOHN!」が映画化!
 映画「きゃりーぱみゅぱみゅシネマJOHN!」美術

2012年10月からメ〜テレ(名古屋テレビ放送)で制作・OAしている
「きゃりーぱみゅぱみゅテレビJOHN!」が この夏まさかの映画化。
増田セバスチャンは過去TVシリーズの美術と、映画のワンシーンの美術を
担当しています。http://cinemajohn.com/


★「きゃりーぱみゅぱみゅーじあむ2 〜いしょうもりもりおかしな森〜」美術監修


きゃりーぱみゅぱみゅ衣装展がパワーアップ&リニューアルした第2弾。
増田セバスチャンは前回に引き続き美術監修を担当しています。
ライブに出て来た着ぐるみや美術も飾られています。
1月は六本木umuにて開催中。http://www.kyarymuseum.com/


★フジテレビ「THE CURATION」出演
 
【7月】

★アメリカ・ロサンゼルスで開催される日本文化のコンベンションイベント
【ANIME EXPO】の「NHK international」ブースデザイン&装飾

ドーモくんがいっぱいのNHKブースがセバスチャンカラーに!
等身大ドーモくんも原宿GIRLverになりました。


★「DAZED」スタジオ訪問インタビュー


"Kawaii champion Sebastian Masuda invites us in"
http://www.dazeddigital.com/artsandculture/article/20437/1/kawaii-creator-sebastian-masuda-invites-us-in


★7/14発売「AERA」の特集"人を動かす言葉"にインタビュー掲載

http://publications.asahi.com/ecs/12.shtml


★7/14発売『週刊ビッグコミックスピリッツ』33号の表紙は
 ℃-ute×増田セバスチャン!表紙&グラビアページのアートディレクション




 
テーマや衣装の設定、表情やポーズの演出や、5人をイメージしたぬいぐるみを製作。
とってもカワイイ℃-uteのみんながさらに可愛くなるよう撮影しました!
スピリッツ公式web http://spi-net.jp/


★きゃりーぱみゅぱみゅホールツアー「ピカピカふぁんたじんツアー
  きゃりーぱみゅぱみゅの雲の上のHEAVEN'S DOOR」演出、美術デザイン





"きゃりーぱみゅぱみゅ的死後の世界"を、
ダンテ「神曲」をベースに演出・美術デザイン。
タロットカードがモチーフになっていたり、天界の扉がキーになっていたり、
ホールツアーならではのミュージカルテイストが楽しいライブツアーでした。



【8月】

★フロリダ州・マイアミ「Young At Art Museum」にて
 個展「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-」ロングラン展示スタート!




2月にニューヨークで開催された初の個展が想定外の巡回決定。(超異例!)
ポップアートや体感できるアートを中心に展示を行うマイアミの美術館
「Young At Art Museum」にて7月12日から2015年1月5日まで展示されます。


★「第61回 高知よさこい祭り」
 
ダイヤモンドダイニングよさこいチームのビジュアルプロデュースを担当
 (コンセプト・地方車デザイン・衣装監修)

「第61回 高知よさこい祭り」審査員特別賞受賞
*「原宿表参道元氣祭 スーパーよさこい」にてビジュアル賞受賞







よさこい祭りに初参加するダイヤモンドダイニングチームの
ビジュアルプロデュース!ということでビジュアルのコンセプト、
地方車(先導車)のデザイン、衣装監修を担当しました。
踊り子には一般参加者の他に振り付けを担当したTEMPURA KIDSも
参加してカラフルでポップ、でもちゃんと伝統も押さえた大注目のチームになりました。
なんと本祭で特別賞受賞、原宿スーパーよさこいでもビジュアル賞という快挙も。


★2014年後半 最大のNEWS!
増田セバスチャンが映画
初監督
伝説のサンリオ映画「くるみ割り人形」をリ・クリエイト







2014年11/29公開!
35年前に5年間かけてサンリオが製作した幻の映画がリクリエイト。
増田セバスチャンが初監督を務めました。

これまでにも多くの夢を届けてきたサンリオが、
ハローキティ40周年の記念イヤーに、ひとつの集大成として
多彩なクリエイターとともに送り出す同作は、誰もが知る名作を、
まだ誰も見たことがない新たなかたちに「リ・クリエイト」する
極彩色のミュージカルファンタジーだ。
サンリオは、1979年にパペットアニメーション「くるみ割り人形」を製作・公開。
人形に演技をつけてコマ撮りする手法で撮影された79年の「くるみ割り人形」は、
「一日に3秒しか撮れなかった奇跡の人形アニメーション」とも呼ばれている。
今作は、そのネガフィルムを使用しつつも、古い映画の焼き直しではない、
新しい世界観を構築し、新作映画として提示するという挑戦で、ワンカットごとの
デジタルスキャニングはもちろん、全く異なる編集をファーストシーンから行っている。
全編を極彩色に彩るため、ワンカットごとに映像の鮮度・色彩の処理も行い、CGを加え、
追加撮影も敢行。新たなアニメーションパートも組み込み、最後に3D化も施す。

映画「くるみ割り人形」公式サイト
http://kurumiwari-movie.com/


★8/24(日)「ワタリウム美術館」にて次世代に向けたワークショップ
 &トークショーを開催

小学生向けワークショップ「自分だけのkawaiiモンスターをつくろう!」
オトナ向けワークショップ「自分だけのkawaii○○をつくろう!」
増田セバスチャントークショー「2020年の原宿kawaii 〜運動体としてのアート〜」


大人のみなさんにも小学生の皆さんにも自由にカワイイアイテムをつくってもらいました。


トークショーに集まってくれたみなさんと!



【9月】

★六本木ヒルズ展望台で開催
「ドール・カルチャー展 
 〜リカちゃん、ジェニー、バービー、ブライス、そしてスーパードルフィー
   “Kawaii”の源流から未来へ〜」メインビジュアル制作



六本木ヒルズ展望台「ドール・カルチャー展」のメインビジュアルを担当。
リカちゃん、ジェニー、バービー、ブライス、スーパードルフィーという
夢の共演の世界観を各ドールのコンセプトに合わせて製作しました。

大人気の人形たちが勢揃いする「ドール・カルチャー展 〜リカちゃん、ジェニー、バービー、
ブライス、そしてスーパードルフィー “Kawaii”の源流から未来へ〜」が、
六本木ヒルズにある大展望台・東京シティビューにて開かれる。
本展覧会では、子どもから親まで楽しめる人形達の世界観を表現するというテーマを
切り口とした展示演出や、世界で1つしかない貴重なコレクション、第1号となる人形の
展示など、それぞれの人形が持つテーマや世界観を体感することができる。
本展は、「おもちゃ、人形の力を通じて、笑顔の拡がる社会作りに貢献しよう。」
という趣旨に賛同した各社の協力から実現した初の試みとなる。

*写真たっぷりのフォトレポートで会場の様子をチェック◎
<オタ女>5つのドールが華やかに競演!
”kawaii”の変遷も感じられる六本木ヒルズ展望台の『ドール・カルチャー展』

http://otajo.jp/41958



★9月29日 NHK Eテレ「ハートネットTV」
"ブレイクスルー"に出演

NHK Eテレ「ハートネットTV」【ブレイクスルー】
File14 反逆の原宿“カワイイ” ―アートディレクター・増田セバスチャン
ー増田さんが生み出す作品は、注射器や片目のないヌイグルミなど、
単純な“カワイイ”だけではないグロさ、暗さを内包し、それが多くの
若者をひきつけています。その背景には、増田さんが幼少期に経験した
家庭環境があります。(略) 抱えてきた“生きづらさ”を表現へのエネルギーに変え、
世界が注目する創作活動を続ける増田さんの“ブレイクスルー”に迫ります。ー



【10月】

きゃりーぱみゅぱみゅアリーナツアー「ピカピカふぁんたじんツアー
 きゃりーぱみゅぱみゅのからふるぱにっくTOY BOX」演出、美術デザイン








きゃりーちゃん初のアリーナライブツアーはとにかくカラフルでPOPでクレイジー!
史上最高にカラフルな美術セットに、可愛くてヘンテコなオモチャの着ぐるみ達、
テディベアのキッズダンサー、めまぐるしく進むステージングや衣装など演出の数々が
とにかく楽しい◎先日WOWWOWで放映されましたが、もし正式に映像化したら
ぜひみなさんに見てほしいステージです!


初監督映画「くるみ割り人形」東京国際映画祭で
 特別招待作品としてワールドプレミア上映決定!





増田セバスチャン初監督作品、映画「くるみ割り人形」が、
毎年東京で開催される国際映画製作者連盟公認「東京国際映画祭」で
特別招待作品としてワールドプレミア上映されることが決定。
舞台挨拶には監督、キティちゃん、ヴォイスキャストが登場しました。
http://2014.tiff-jp.net/ja/lineup/works.php?id=43


東京デザイナーズウィークにてCHINTAI×増田セバスチャン
 『My stuffed pom room』






東京デザイナーズウィークの
CHINTAIブースを増田セバスチャンが
デザイン・製作しました実際に触れる・座れる・寝れる体験型のコンテナです。
期間中は子供達が大暴れで楽しんでくれました!

『My stuffed pom room (マイ・スタッフド・ポム・ルーム)』
テーマは「私のkawaii小宇宙」
“kawaii” とは何か?
それは「自分だけの小宇宙の中に好きなものを閉じ込めること」。
身近な自分だけの小宇宙=「自分の部屋」であり、
kawaiiが凝縮された空間でもあるのです。
この部屋は、あなたの…もしくは、とある女の子の小宇宙。
クマのぬいぐるみに抱かれて、小宇宙への旅をお楽しみ下さい。

★10/11発売「GINZA」
"東京のかわいい"というコーナーでオススメのかわいいスポットを紹介

★10/16発売「KERA」
連載「SuG 武瑠の50×50」にて対談掲載

★10/17発売「美術手帖」11月号
 
"ティム・バートン特集"にてインタビュー掲載

★「シネマスクエア」vol.67
★10/18発売「ピクトアップ」91号
映画「くるみ割り人形」について有村架純さんと対談掲載
★10/20発売「FLYING POSTMAN PRESS」
http://flying-postman.com/

★10/25発売「日本映画マガジン」
映画「くるみ割り人形」インタビュー

「イラストノート」No.32 一冊まるごとハローキティ 特大号
キティ40周年記念映画「くるみ割り人形」についてインタビュー&メイキング掲載

10月5日(日)ニッポン放送「マイプレイリスト Love for Japan〜kizashi」
 パーソナリティを担当
http://www.1242.com/my-playlist/


【11月】

韓国・済州島で開催される国際フォーラム「PAN-ASIA」登壇
 *日本代表として、原宿kawaii文化について、そして自身の次の
  アートプロジェクトについてのプレゼンテーションを行いました。


★京都ポルタ×6%DOKIDOKI「DOKIDOKI CHRISTMAS」
 増田セバスチャン監修の「KAWAII部屋」登場

 



2014年クリスマスにPorta と6%DOKIDOKI がコラボレーション!!
今年のPortaクリスマスは日本のkawaii文化を世界に発信するショップ
6%DOKIDOKI とのコラボレーション。
Porta のクリスマスツリーに6%DOKIDOKI プロデューサー・
増田セバスチャンのプロデュースによる『KAWAII部屋』が出現します。
館内のいたるところにも6%DOKIDOKIと コラボレーションした装飾を施し
ドキドキするほどクリスマスを盛り上げます。

お客様が撮影したTweetなどをまとめたページはこちら>>

http://togetter.com/li/744958



11/19・11/26 TBS「オトナの!」ゲスト出演
MCのいとうせいこうさん、ユースケ・サンタマリアさん、
TOKYO No.1 SOUL SETの渡辺俊美さんとのトーク!
オフィシャルアカウントでYouTubeにもUPされています。
今迄なかなか無かった先輩方との大人なトーク、ぜひ!






11/14(金)
多摩美術大学にて増田セバスチャン特別講義

「原宿"kawaii"文化論〜運動体としてのアート〜」開催




★11/16(日) 日テレ「行列のできる法律相談所」
 メイド・イン・ジャパン特集に出演

"世界で人気メイド・イン・ジャパン大集合"特集で
コメンテーターとして出演しました!

「行列のできる法律相談所」


★11/24(月)23:30- NHK総合「NEWS WEB」生放送に出演

月曜MCのもふくちゃんこと福島麻衣子さんと。
http://www3.nhk.or.jp/news/newsweb/


初監督映画「くるみ割り人形」ついに全国ロードショー!&
 丸の内ピカデリーにて初日舞台挨拶




ボイスキャストの有村架純さん、松坂桃李さん、藤井隆さん、板野友美さん、
クララキティちゃんと一緒に舞台挨拶を行いました!
おかげさまで1ヶ月以上過ぎた今でも丸の内ピカデリー、イオンシネマみなとみらい、
イオンシネマ幕張新都心、イオンシネマ多摩センターなどで上映中です◎
http://kurumiwari-movie.com/

WEBには増田セバスチャン監督のインタビューも!
下記は特にオススメのロングインタビュー2本。ぜひご覧下さい!

☆CINRA NET
増田セバスチャンが「カワイイ」で取り戻す、大人が忘却したもの

http://www.cinra.net/interview/201411-masudasebastian

☆ガジェット通信(オタ女)
増田セバスチャン監督インタビュー「引き受ける前に運命だと思いました」
http://getnews.jp/archives/732071


★ラジオ出演

11月6日  bayFM    「THE PRESENT」
11月16日 TBSラジオ   「プレシャスサンデー」
11月17日-11月20日 J-WAVE    「I A.M.」   MY FIT MOVIES
11月25日 JFN    「simple style」
11月28日 すまいるエフエム「デッキーの映画CaaaaN!!」
      エフエム江戸川 「季節は彩りの中で」
     ジャパンエフエムネットワーク 「THE VOICE」

TOKYO FM「よんぱち」

*webサイトにレポート掲載中!
http://www.tfm.co.jp/48/index.php?itemid=88878



★雑誌掲載
11月6日「R25」
"COOL JAPANESE"カワイイ伝道師・増田セバスチャン
*WEBでインタビューと動画公開中!
http://r25.yahoo.co.jp/fushigi/wxr_detail/?id=20141106-00038851-r25

11月7日「千葉日報」
11月8日「別冊プラスアクト」
11月10日「Strobo」
11月15日 毎日新聞社「月刊ニュースがわかる」
11月16日「2nd」「ドカント」
11月20日「パンプキン」「キネマ旬報」
     「ch FILES」「FILT」


「Selector Vol.2」
"珈琲談話室"というコーナーにて下北沢のBEAR POND
バリスタ田中勝幸さんと大人のコーヒー談義!
グローバルな二人のお話、かなり面白いです…

http://tkj.jp/book/?cd=12854301

11月22日 「Ranzuki」
11月23日「Tokyo graffiti」
11月24日「UOMO」
    「TOKYO HEADLINE」
    「men's FUDGE」"匠 千原ジュニアの一流対談" 
11月25日「日本映画magazine」「女性自身」
11月26日「エレガンスイブ」
11月27日「月刊EXILE」増田セバスチャン&藤井隆さんインタビュー
11月30日「月刊留学生」

サンリオ「いちご新聞」にも映画くるみ割り人形特集掲載



【12月】

2020年オリンピックイヤーに向けたアートプロジェクト
「TIME AFTER TIME CAPSULE」始動!
 マイアミでテストイベント開催


2020年オリンピックイヤーに向けた新たなアートプロジェクト
「TIME AFTER TIME CAPSULE」(タイムアフタータイムカプセル)



TIME AFTER TIME CAPSULE(通称TAT)は、
世界を巻き込む都市型・参加型のアートプロジェクト。
テーマは『"Kawaii"の集合体で世界は変えられるのか?』


これは2015年から5年をかけて完成するパブリックアート作品であり、
そのテストイベントを個展をロングラン展示中のYoung At Art Museumの協力のもと、
12月6日(土)マイアミのアート地区・ウィンウッドにて開催。
2015年からはニューヨークを皮切りに世界10都市で行われる予定です。


世界各都市の公衆の場で開催される「自分だけのKawaiiもの
(自分だけの小宇宙、個人的で特別な思い入れ)」を透明なタイムカプセルに
納入するイベント、そこに集まる人々、納入されたカラフルな中身、
そうして作られたタイムカプセルなど全てが作品となります。

*詳細記事:http://sebastianz.jugem.jp/?eid=755



TIME AFTER TIME CAPSULE」プレイベントは増田セバスチャン個展を
ロングラン展示中の Young At Art Museum  (YAA) の協力のもと、
12 月 6 日 ( 土 ) 米 フロリダ州 マイアミのアート地区・ウィンウッドに
ある広場にて開催。  世界規模の巨大アートフェア「Art Basel Miami Beach」
と同時期開催。



記念となる1体目のタイムカプセルの形は、増田セバスチャンが作品のモチーフ
としてもよく使用する「クマ」を起用。広場には多くの人が集まり、
約 1000 人を集客し、約300人がタイムカプセルへの納入、

パレードへは 約 200 人が参加しました







最後にはカプセルのクマの顔半分の位置までたまりました。
さらに翌日12/7( 日 ) 以降は YAA に設置し、納入者数は現在も更新中。

次の納入イベントは2015年4月にニューヨークで開催される予定です。


★マイアミでの関連イベント(講演会・展示・パフォーマンス)

フロリダ州FIU( フロリダ国際大学 ) での特別講義
「CUTE ENOUGH FOR YOU?」
*原宿の歴史、kawaii文化、アートプロジェクトについて講演。約400名が聴講。


「Sebastian Masuda “Colorful Rebellion”」
日時:12月4日~13日
場所:Art Bastion 2085 NW 2nd Avenue,#104 Miami, FL 33127
ギャラリーでの作品・インスタレーション展示



「Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-
   Performance directed by Sebastian Masuda featuring YUKA」

日時 : 12 月 7 日(日)13:00 / 14:00 / 15:00
場所:Young At Art Museum
※Young At Art Museum で展示されている増田セバスチャン
 "Colorful Rebellion -Seventh Nightmare-" の展覧会の中においての
ライブパフォーマンス。 展覧会自体は 2015 年 1 月5日迄開催予定。



★文化庁「2020年に向けた文化イベント等の在り方検討会」委員就任

■文化庁「2020年に向けた文化イベント等の在り方検討会」
http://www.bunka.go.jp/bunkashingikai/kondankaitou/event_2020/index.html


★原宿初の観光案内所「MOSHI MOSHI BOX」のモニュメントを制作



Sebastian Masuda「Colorful Rebellion -WORLD TIME CLOCK-」


常設展示になりますので原宿にお発ち寄りの際はぜひご覧下さい!

■もしもしにっぽん「MOSHI MOSHI BOX」
 所在地:東京都渋谷区神宮前 3 丁目 23-5 Ts ONE ビル
 営業時間:10時〜18時(予定)
 運営:
もしもしにっぽんプロジェクト実行委員会
http://moshimoshi-nippon.jp/information_center/


★ルミネの年末年始企画「ルミネアソビ〜お正月のルミネは ASOBI がいっぱい〜」
(12月26日(金)〜1月6日(火)開催)のキャンペーンビジュアルを担当


ルミネアソビ 特設サイトhttp://www.lumine.ne.jp/asobi/



ちなみに店頭ではこんなウィンドウも出ているようです。
カラフルなお正月を楽しんでくださいね!



以上、ざっとですが増田セバスチャンの2014年を振り返ってみました。
さて2015年はどんな年になるでしょうか…?

今年も増田セバスチャンをどうぞよろしくお願い致します!!!

Sebastian Masuda & Lovelies Lab. Studio ALL STAFF

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック