information

増田セバスチャンオフィシャルサイト/仕事依頼もこちらから →http://m-sebas.com/
 ・著書「家系図カッター」文庫本発売中 
http://www.amazon.co.jp/dp/4041032369
・ほぼ日刊イトイ新聞 ×糸井重里氏対談「なんとかするちから。」http://www.1101.com/sebastian/
・CINRA NET「増田セバスチャンが「カワイイ」で取り戻す、大人が忘却したもの」http://www.cinra.net/interview/201411-masudasebastian
・平成29年度文化庁文化交流使に指名頂きました。
・京都造形芸術大学客員教授/横浜美術大学客員教授

【STAFFより】情報解禁!サンリオ映画「くるみ割り人形」を増田セバスチャンがリ・クリエイト&初監督します!

  • 2014.08.01 Friday
  • 09:03
Sebastian's STAFFです。

情報解禁!!!!!!
増田セバスチャンが映画初監督!
伝説のサンリオ映画「くるみ割り人形」をリ・クリエイトします!




速報ニュース記事はこちら!

サンリオ「くるみ割り人形」を増田セバスチャンが“リ・クリエイト”
声優に有村架純&松坂桃李 (映画.com)

今年で40周年を迎えたハローキティなどで知られるサンリオが、
世界的な童話を原作とし、チャイコフスキー作曲による名作バレエでも
知られる「くるみ割り人形」のパペットアニメーション映画を新たに
製作することがわかった。「原宿Kawaiiカルチャー」の火付け役でもある
アーティストの増田セバスチャンが初監督を務め、
有村架純と松坂桃李が声優を担当。
テーマ曲にはきゃりーぱみゅぱみゅの楽曲が使用される。

これまでにも多くの夢を届けてきたサンリオが、
ハローキティ40周年の記念イヤーに、ひとつの集大成として
多彩なクリエイターとともに送り出す同作は、誰もが知る名作を、
まだ誰も見たことがない新たなかたちに「リ・クリエイト」する
極彩色のミュージカルファンタジーだ。
サンリオは、1979年にパペットアニメーション「くるみ割り人形」を製作・公開。
人形に演技をつけてコマ撮りする手法で撮影された79年の「くるみ割り人形」は、
「一日に3秒しか撮れなかった奇跡の人形アニメーション」とも呼ばれている。
今作は、そのネガフィルムを使用しつつも、古い映画の焼き直しではない、
新しい世界観を構築し、新作映画として提示するという挑戦で、ワンカットごとの
デジタルスキャニングはもちろん、全く異なる編集をファーストシーンから行っている。
全編を極彩色に彩るため、ワンカットごとに映像の鮮度・色彩の処理も行い、CGを加え、
追加撮影も敢行。新たなアニメーションパートも組み込み、最後に3D化も施す。

公式サイト>>
http://kurumiwari-movie.com/

近々もっと詳しい情報や予告編が解禁されて行きますので、お楽しみに…!!!
コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック